【文章を速く読みたい人必見】誰にでもできる4つの速読法

この記事は約8分で読めます。
この記事は以下の人向けです!

▸速読法を知りたい人
▸本をたくさん読みたい人
▸速く文章問題を解きたい人

どうもー、シンヤです!

今回のこの記事では、『本や長文を速く読むための4つの速読術』について書いていきます。

小説を読んでいたり、仕事をしていたり、学校で国語のテストの文章問題を解いているときなどに「もっと速く文章を読めたらいいのに」と思ったことは誰にでもあると思います。

速く文章を読むことができれば、問題が速く解けるようになりますし、多くの本を短い時間で読むこともできるので速読ができれば桁違いに効率が上がります。

速く文章を読むことができれば、多くの作業をこなすことができる。

多くの作業をこなせれば、仕事の効率は増し、多くの本を読むことができ、学生の人はテストの問題も速く解くことができます。

速読という技術は持っていて損はしませんし、人生の随所で自分の助けになってくれる技術です。

この記事では、実際に僕が実践していたり、本などで学んだ速読法を書いていくので参考にしていただければ幸いです。

\ありとあらゆる本が読める!/

 

スポンサーリンク

速読は大きく分けて2種類

実は速読には大きく分けて2種類の方法があることを知っていますか?

まず、1つ目は単純に高速で文章を読み進める方法です。

人は遺伝的に初めから読む速さというのは決まっていると言われていますが、個人差はあるものの少しなら読む速さを速くすることは可能です。

この方法をとる場合は速く読むためのトレーニングをする必要があります。

その方法は以下で詳しく説明していきます。

そして、2つ目の方法は飛ばし読みをする方法です。

飛ばし読みをすると「本の内容が理解できない」という人がいますが、それは読む部分が間違っているからです。

小説の場合は当てはまりませんが、本の中で重要な部分というのは本全体の1割~2割程度だと言われていて、残りの部分は本を成り立たせるためのものでしかなく、特に重要ではないと言われています。

つまり、飛ばし読みをするということは本全体の1割~2割程度しかない重要な部分がどこなのかを読み取り、その内容の濃いエッセンス部分だけを読み進めることを言います。

この方法の場合はトレーニングも必要ではありますが、それよりもエッセンス部分が本のどこにかいてあるのかを見つけ出すテクニックの方が重要になってきます。

やり方をしっかり理解してさえいれば誰でもできるようになるので、その詳しい方法は以下で説明していきます。

4つの速読法

スピード・リーディング

スピード・リーディング』は単純に文章を高速に読み進める速読法の1つです。

上でも書いた通り、この方法は地道に少しトレーニングをする必要があります。

トレーニングの方法としては、人は何事も繰り返しやっていけば、そのことに次第に慣れていく生き物なので、できるだけ多くの本を読み、文字を読むことに慣れていくしか残念ながら方法はありません。

その過程でオススメなのは古典的なやり方ではありますが、指差しリーディングという方法がいいと思います。

指差しリーディングは誰でもやったことがあると思いますが、文章に指を差しながら読んでいく方法です。

文章をさす指を次第に速くしていけば、人はそれにつられて読むスピードを上げていきます。

そうして何万文字、何十万文字と読んでいくうちにどんどん読むスピードが速くなっていき、速読ができるようになるというわけです。

スピード・リーディングの練習をするためのアプリやソフトもあるのでそれらを使って速読できるようにしていくのもいいと思います。

フォト・リーディング

フォト・リーディング』も一応、文章を高速で読み進めていくタイプの速読法の1つです。

『フォト』というと写真のことですが、あなたは映像記憶という能力を知っているでしょうか?

映像記憶というのは、東大に入学できる人なんかには生まれつきできる人がいるらしいのですが、文章を瞬間的に1つの映像として頭の中に保存して、いつでも見直すことができる能力のことです。

この能力を持っている人はただの文章の羅列を映像として記憶に保存できるので少し見ただけで内容を理解することができますし、頭の中に見た文章をまるまる保管しているので本を頭に入れているのと大して変わりません。

はっきり言って、この能力が身についている人はチートですよね(笑)

なぜなら、見たものをそのまま頭に保存できるなら教科書をまる暗記することもおそらく可能ですから、テストで高得点を取れて当たり前です。

ここまで聞くと、「映像記憶なんてそもそも努力で身に着けられるものなのか?」と思う人もいると思いますが、身に着けることは可能です。

なぜなら、映像記憶能力は少なからず私たちも普段から使っているからです。

例えば、走行中の車に乗っているときにわきにある看板を見かけますよね。

あなたはその看板を見るときに内容を理解する為に、長文を読むときのように一字づつ目で追っていくようにして見ていますか?

おそらく、そんな風には見ていないと思います。

看板というのは基本的に見た瞬間に内容を理解できるように分かりやすく作られているので、まじまじと見ないと何の看板なのか分からないということはそうそうないと思います。

この時にあなたは映像記憶能力を使っています。

あとからどんな看板だったのかを聞けば、看板の大まかなの色彩や形、内容などは思い出すことができるでしょう。

映像記憶能力を長文の文章を読むのに応用できる人とできない人との違いは映像記憶の正確性の違い程度のものなのです。

つまり、この能力を鍛えれば映像記憶能力を読書に応用できるレベルになり、『フォト・リーディング』をすることも可能になります。

フラッシュ暗算のような形で初めは短い文章を瞬間的に理解できるようにしていき、徐々にレベルを上げて文章を長くしていけば、いつか長文でも少しの時間で読めるようになるはずです。

時間はかかりますし、努力もそこそこ必要ではありますが、身に着けることができれば人生の大きな助けになることは間違いないので、頑張ってみてください。

パラグラフ・リーディング

パラグラフ・リーディング』は英文の読み方などで一番聞いたことがある速読法だと思いますが、段落ごとに読み分ける方法です。

文章には基本的に決まった構造というのがあります。

まず、初めの方ではこれから書いていくことの宣言をして、中間でそのことについて具体例や研究結果などを用いて詳しく説明して説得し、最後に結論を持ってくる形がほとんどの文章の構成です。

よく聞く、『起承転結』ですね。

なので、極論を言ってしまえば、読むべきなのは何について書くのかを宣言している初めの部分と結論を出している終わりの部分だけです。

なにについて書いてあるのかを知って、最終的な結論さえ見られればその文章の大まかな内容は理解できたと言えてしまいます。

さらに、その補足というか、より詳しく見たいという場合は中間部分の説明や説得部分を読んでもいいですが、「例えば」や「例を挙げると」などの言葉が出てきた場合はそこの文章は読まなくても何も問題はありません

具体例というのはこれまでに説明してきたことの説得力を上げるために分かりやすくしてくれているだけの文章なので、そこに重要な情報はそんなに含まれていません。

文章を読んで、段落ごとに分解していけば、次第に情報の含まれている部分と情報のあまり含まれていない部分を見極められるようになるので、一度俯瞰的な視点から構成を分析するように文章を見てみることをオススメします。

スケルトン・リーディング

スケルトン・リーディング』はビジネス書なんかを読むときによく使われる速読法です。

ビジネス書を読むときには基本的にこの本から何かを学び取ろうと目的意識をもって読みますよね。

すでに知っていることしか書いていないようなビジネス書を読みたいという人はいないと思います。

言ってしまえば、ビジネス書を読むときにはその知りたいと思っていることや自分の知らないことが書いてあるところさえ見ることができればそれでいいわけです。

この速読法では、まず目次を見て、自分が気になったところや知りたいことが載っていそうなところをチェックします。

目次は大雑把にではありますが、その本の全体像や流れが見れるものなので、目次を読むことによって、人体でいうところの骨格部分(スケルトン)を把握することができます。

そして、全体の骨格を理解した後に目次でチェックした気になるページを開いて読んでいきます。

この作業は本の内容をより理解するための作業であり、骨格に肉付けをしていく作業に当たります。

つまり、段落や章ごとに本の内容を分解して、順番を気にせずに気になったものだけを読んでいくということです。

食事のバイキングみたいなものですね(笑)

この速読法は上で書いてきた他の3つの方法よりも比較的簡単にできると思うのでオススメです。

速読のオススメ書籍

速読法を身に着けたい人は以下の書籍がオススメです!

速読日本一の方の書籍なので、気になった人は読んでみてください。

まとめ

どの速読法にもある程度の練習が必要ではありますが、一度身に着けることができれば本をより速く、より多く読むことができますし、学生の人の場合は問題を速く解くこともできますし、会社の資料に目を通すのも速くなります。

人生において人はかなりの量の文字を読むことになるので速読法は人生においてかなり役立つ技術です。

身に着けて損をするということもないので、少し練習して身に着けてみてはどうでしょうか。

今回のこの記事はここまでになります。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

\ありとあらゆる本が読める!/

コメント

タイトルとURLをコピーしました